大企業を脱サラした24歳の篠山での挑戦

初めてのリーダーやなにかに挑戦したいって方に少しでも参考になる情報を。

自分を鼓舞するために残す言葉。

 新たな動きだしの中で痛感することがある。

 

 

それは『行動力』の話。

 

 

自分が成果をあげようと思うのなら

 

行動するしかない。

 

誰かの聞いた話は、価値はない。

 

もはやアイデアに価値はない。

 

やったもん勝ちの世の中である。

 

 

f:id:asatoyo:20170126204953j:plain

 

行動を遮るものは何か?

 

行動を遮るものは、恐怖ではないか。

 

f:id:asatoyo:20160928214936p:plain

恐怖の壁を越えられるのか

 

考えてみます。

 

諦める道などありません。

 

ただ進むのみ。

 

f:id:asatoyo:20160926211040p:plain

第一の壁、自分の壁

 

ここが多くの人にとっての壁ですね。

 

僕なんて。。やったって無駄だ。

f:id:asatoyo:20161009014210p:plain

 

 

やったことないのに、

 

諦める意味がわかりませんね。

 

やってできないってただの『練習不足』

 

f:id:asatoyo:20161005181445p:plain

練習あるのみ、

 

自分ならできる!

 

前向き、ポジティブに乗り越えましょう。

 

f:id:asatoyo:20161028163355p:plain

第二の壁、周囲の壁

 キャラじゃなくね?

そんなの意味あるの?

今はやるときじゃない!

 

f:id:asatoyo:20161028163623p:plain

さぁ周囲にブロッカー達が集まりますねぇ。

 

その人たちから離れよう(笑)

 

f:id:asatoyo:20161028094036p:plain

 

これが一番です。

 

周りにどんな人がいるかが大切です。

 

一緒いて気持ちがいい人。

 

元気になれる人。

 

力がわいてくる人を。

f:id:asatoyo:20161028163546p:plain

 

社会貢献色の強い集まりにいけば

 

出会えることでしょう。

 

どんな人と人生を過ごすのか、

 

これで自分自身も大いに変わります。

f:id:asatoyo:20161009014437p:plain

 

 

第三の壁、時間の壁

 

時間は平等に与えられています。

 

同じ年齢で金メダルをとったり、

 

テレビにでたり、

 

ビジネスを立ち上げていたりする。

 

 

それは時間の使い方の問題ですね。

 

時間がない=時間を使うのが下手。

 

f:id:asatoyo:20160926210833p:plain

 

それだけですね。

 

どうすれば、有効に時間を使えるのか

 

それを考え続けるだけで大いに結果が

 

変わってきそうですね。

 

f:id:asatoyo:20161019151612p:plain

 

第四の壁、場所の壁

 

仲間に会える距離ではない。

 

集まれる場所がない。

 

f:id:asatoyo:20161013093943p:plain

LINEですべては越えられる。

 

集まれる場所は探し出すしかない。

 

スペースレンタルアプリもある。

 

もはや、探していないだけではないか。

 

さぁさがすぞ!!

 

第五の壁、お金の壁

 

お金は壁なのか?

 

f:id:asatoyo:20160818221024p:plain

 

 

ここの問題を突破しないと

 

世の中の不可能は可能には変わらないのだろう。

 

リスクを取ろう。

 

まずは、自分が!!

その意識。

f:id:asatoyo:20160906210850p:plain

23歳起業家との出会い。

 

正直に話すとわからなくなった最近の自分。

 

f:id:asatoyo:20170607205800p:plain

未だにモラトリアムである。W

 

どういうことがあったのか、皆さんの参考になればと思います。

 

自分の中で人生を考えた21歳の自分。

 

やりたいことが明確ではなかった

 

自分自身がその頃いた。

 

とにかく、パートナーや家族とともに

 

過ごす時間や、

 

好きな友人と共に過ごす時間を

 

大切にしたいと思ったのだ。

 

f:id:asatoyo:20170529233301p:plain

しかし、今考えると

 

 

あったのではないかと思います。

 

ずっと胸をはって好きだと

 

言っていたのは、『経営学』。

 

将来的にできた社会人経験と

 

 

経営学を伝えられる教育をしたかった。

 

この二つの軸の中で、就活を考えた。

 

安定した職業、会社で働きながら、

 

 

土日で自分がやりたい活動をすることを

 

目標にしていた。

 

しかし、会社に入ってみると

 

配属される部署によって違うのである。

 

今考えることは、人生の時間を

 

何に対して投資をするのか?である。

 

平日は残業をしながら、

 

ユーザーに合わせて

 

土日も出勤して売り上げに貢献する。

 

f:id:asatoyo:20170520231241j:plain

疲れ切った大人たちと引退後を考える上司。

 

f:id:asatoyo:20170520231036j:plain

起業家との出会い

 

私と同い年で、

 

塾を立ち上げている社長と

 

その仲間に出会った。

 

そこには、将来を自分たちで

 

切り開こうとする若者がいた。

 

その人たちにまだ実績はない。

 

しかし、確実に日々努力し、

 

 

新たな教育を実施し、

 

成果を上げている。

 

f:id:asatoyo:20170423091749j:plain

 

その教育に対する姿勢と

 

自分たちで求めた塾像を

 

自分たちの努力で展開していた。

 

f:id:asatoyo:20170305102343j:plain

夢を見ているようだった。

 

本当に自分がやりたいことはなにか?

 

実際のデータでもやりたことが

 

見つかっていない人は多い。

 

学生を対象に全国の10代~20代の男女500人に「将来の夢と就こうと思う職業」についての調査を実施しました。

 

f:id:asatoyo:20170624130041p:plain

 

prtimes.jp

 

 

しかし、最近同世代の友達と

 

企画を立ち上げていて、

 

やりたいことがない人は

 

いないと感じることがある。

 

 

f:id:asatoyo:20170402013012j:plain

おそらく、やりたいことで

 

生活ができないと思っているからだと思う。

 

 

結局はやりたいことや

 

好きなことは求められていない

 

と思うからだと思う。

 

どうすれば、食べていけるか

 

本気で考えないとこのまま

 

老いていくのだろう。

 

 

 みなさんはやりたいことがありますか?

ダメダメな自分➡︎ちょっとダメな自分

大嫌いだった自分が、

 

少しは前を向くまでを振り返る。

 

そんなことになんの意味がある?周りを見下す弱き自分

 

まわりに対して思っていたこと。

 

そんなことして何の意味があるの?

 

どこかそんなふうに考えていた自分。

 

しかし、どこか羨ましかった。

 

なぜ他の人に対して

 

劣等感を感じるのだろう?

 

自分が好きなものがわからなかった。

 

 

周りの友達は前向きに

 

好きなことに前のめりだった。

 f:id:asatoyo:20170607205549p:image

 

ゲーム、バンド、サッカー、

f:id:asatoyo:20170607205615p:image

 

アイドル、ライブ。

f:id:asatoyo:20170607205540p:image

 

私は好きなことかなかった。

 

何かに夢中になっている友だちが

 

羨ましかったのだと思う。

f:id:asatoyo:20170607205632p:image

 

僕には何もなかった。

 

そう思っていた。

 

とにかく勉強に打ち込んだ。

f:id:asatoyo:20170607205702p:image

 

勉強こそ、将来に繋がるんだと。

 f:id:asatoyo:20170607205712p:image

 

 

だけど、テストで点数は上がらなかった。

 

 

周りが遊んでいるのに、

 

自分がどれだけできないかを痛感して、

 

また、自分を認められなくなりました。

 

f:id:asatoyo:20170607205800p:image

 

一人でひきこもることで、

 

そのまま志望校にはいけませんでした。

 

運命の出会い①

 

話は変わり、大学のオープンキャンパス

 

そこで初めて大好きなものと出会えた

 

それは、経営学

f:id:asatoyo:20170607210522p:image

 

今でも忘れられない言葉。


経営学とは、

 

不可能を可能に変える学問だと、

なぜだめか?ではなく、

どうすればよいか?を考えるのだと。


そこから、私はなんとなくだが、

経営学に惹かれていた。

 

私は唯一受かった大学の学部が

経営学部だった。

 

どこか初めてのわくわくがあった。

f:id:asatoyo:20170607211904p:image



 運命の出会い②

 

私は大学で部活動に入りました。

 

そこで私は、

 

ある先輩に出会いました。

 

その先輩はディスカッションや

 

哲学的な答えのないことを話すこと

 

が大好きな人でした。

f:id:asatoyo:20170607211839p:image

 


僕とも話をしてくれました。

 

たくさん話をしていました。

 

平和ってなに?とか、

 

正義ってなに?とか。

f:id:asatoyo:20170520231124j:plain

 

 

正直どうでもいいやん。

 

って思っていました。

 

だけど、私が意見を伝えると、

 

米田の意見はおもろいなぁと

 

俺にはなかった視点やなぁって。


僕は話すことが楽しくなりました。

f:id:asatoyo:20170607210816p:image


僕は認められたことがとても嬉しかったようです。

 

ダメダメだとおもったけど、ちょっとはいいとこある?


自分は普通で面白くない。

 

好きなこともない特徴もないやつだ

 

って思っていたからです。

 

少しずつ自分を好きになりつつありました。

 

ちょっと自分を好きになるために大切なことは、

 

 

  • 好きなことを見つけること。

 

  • 自分のことを認めてもらうこと。

 

みなさんはなにが大切だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

ダメダメだった自分を書いておく。

前回の自己肯定感の続き。

 

今回はかなり自分のことを残すことにします。

 

最近は、何事も前向きに捉えたり、

 

常にどうすればいい?って考え、

 

不可能を可能にできると信じています。

 

 

しかし、高校生の僕はなにもかも

 

やっても仕方ない。と思っていました。

 

なぜ、諦めてしまうようになったのか?

 

ここに大きなヒントがあると思います。

 

痩せたくて始めるサッカー教室

 

僕は小学生からサッカーをしています。

 

f:id:asatoyo:20170605215909p:image

 

最初は肥満児のダイエット目的と

 

 f:id:asatoyo:20170605215916p:image

兄がやっているからという理由。

 

だけど人生の転機が訪れたのも

 

サッカーでした。

 

小学六年生でキャプテンになりました。

 

たった3人しか

 

六年生はいませんでしたが。笑

 

だけど、キャプテンに相応しくなるべく

 

毎日走ったり、ボールを蹴ったり

 

友達を誘ってミニゲームをしたりと

 

努力しました。

 

全然試合には勝てません。

 

だけど、サッカーが上手くなっていく

 

そんな日々が

 

自分に自信を与えてくれました。

 

ケガに恵まれたサッカー人生

 

自分を追い込み、成長していく

 

その過程が楽しく、勉強とも

 

中学生なりに上手くいっていました。

f:id:asatoyo:20170605215950p:image 

 

だけど、二年生の大会前に

 

鎖骨を骨折します。

 

三カ月の安静です。

 

そのときはまだポジティブでした。

 

だけど、2度目がやってきます。

 

二年生の夏。

 

ケガからも復帰し、

 

レギュラーに戻るために必死でした。

 

毎日走る。

 

練習後にも走る。

 

f:id:asatoyo:20170605220037p:image

 

とにかく、自分を追い込みました。

 

夏はみんなが体調を崩す中、

 

腰の違和感を我慢してバンテリン

 

背中に塗り込み出場。

 

その日の夜には痛すぎて病院へ。

 

結果は疲労骨折。

 

しかも、腰の疲労骨折。

f:id:asatoyo:20170605220203p:image

 

治らないと言われました。

 

腰痛を抱えながらのサッカー。 

 

なにもかもが嫌になりました。

 

努力が全てだと思っていたのに、

 

裏切られたような気持ちでした。

 

努力したってしょうがない。

 

自分の中で高校最後まで

 

ケガを理由にサッカーとも

 

自分ともむかえてなかったと思います。

 

そんな不幸の中のヒーロー気取りは、

 

誰も認めることもできず、

 

自分も好きになれず、

 

f:id:asatoyo:20170605220216p:image 

最後には友達は3人になりました。

 

勉強に逃げた挙句

 

志望校を下げ続け、

 

唯一受かった大学に

 

ほっとしたのでした。

 

f:id:asatoyo:20170605220223p:image 

このときの自分が大嫌いでした。

 

僕はコンプレックスばかりになっていました。

 

今はそんな自分を認められるようになりました。

 

自己肯定感とはなんだろう?

 

自分と誰かを比べてしまったり、

 

失敗を恐れてしまったり、

 

誰かを妬んでしまうことはないでしょうか?

嫉妬のイラスト(男性)

 

世の中の組織の中に生まれる問題の大きな課題だと思います。

 

それでは、自己肯定感とはなんでしょうか。

 

・自分は大切な存在だ。

・自分はかけがえのない存在だ。

という心の状態です。

 

f:id:asatoyo:20170126204717j:plain

 

いつその感覚は育つのか?

 

乳児期・幼少期に親(保護者)にどれだけありのままの自分を

 

受け入れてもらったか?が重要だそうです。

 

赤ちゃんを抱っこする夫婦のイラスト

 

自己肯定感が低いと、積極性がなくなるそうです。

 

 

 

自己肯定感が低いと、自信がない状態が生まれてしまう。

f:id:asatoyo:20170402073713j:plain

 

・チャレンジをしない。

・リスクを避けて失敗をしないように選択する。

 

その結果、いじめ、不登校、喫煙と非行に走るそうです。

f:id:asatoyo:20170529233500p:plain

 

 

自分自身の存在を肯定することのできない子どもは、

 

自分の命を大切にすることができないばかりではなく、

 

他人の命をも軽んじ、憎んでしまう。

 

 

核家族が進み、共働きの時代にどれだけの人が

 

自己肯定感を持てているのか、疑問に思います。

 

共働き家庭のイラスト

 

どんな方法で自己肯定感を高められるのでしょうか。

 

  1. 話を真剣に聞く。
  2. 叱るときは『行動』を叱る。
  3. 自己肯定感を育み、相手の存在価値を高める言葉『ありがとう』。

 

『とにかく褒めればいい。』

 

と思っている人も多いと思います。

 

ですが、褒めるのではなく、話を聞いて共感したり、

 

ありがとうと感謝したり、存在を認めることが大切なのです。

 

 

認めるためには、

 

個人個人をしっかりと観察する。

 

良い行動を称賛し、次の課題をフィードバックする。

 

個人個人の話を聞く。

 

思い込みや偏見でみてはいけない。

 

 

自己肯定感を高め、

 

チャレンジできる文化を創る。

 

そのきっかけ作りは、リーダーの仕事なのかもしれません。

 

やはり、これからの日本のリーダーには、

 

個人を理解し、肯定し、行動を促すリーダーが必要なのでしょう。