読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダーのためのリーダー学

十数年後には、日本は課題が山積みとなる。その課題の先頭に立つリーダーとなるため実践や学問から学び、考える。

組織編 『チーム分け』こんなはずしゃなかったのに。

 

何か目的を持つ集まり。

 

 

例えば、イベントを作る。

 

 

みんなで楽しいイベントをつくる。

 

f:id:asatoyo:20161028094931p:image

たくさんの人を集めるには

 

 

なにがいいかなぁ?

 

 

ハロウィンだ!

f:id:asatoyo:20161028095020p:image

さぁハロウィンのイベントを作ろう。

 

 

さぁここから考えよう。

 

 

どうやってつくる?

企画スタッフな全員で20人いる。

f:id:asatoyo:20161028095005p:image

 

役割で分けてみよう!

代表を立てて、チームを作ろう!

 

するとどうなるでしょうか?

 

 

例えば、

 

衣装班、舞台班、お金班、総務班。

 

 

こうして分ければ、バッチリ!^ ^

 

 

なんて思っていた代表のあなた。

 

 

みんな各々がたのしく班に分かれて

 

f:id:asatoyo:20161028094050p:image

話し合いが進んでいる。

 

 

うまくいっているなぁ。

 

 

まぁ班長から聞く限り順調だね!

 

 

そこで問題がでてくる。

 

 

衣装にお金が足りない。

 

場所がどこか知らない。

 

舞台でなにすんの?

 

こういった情報共有が不足したり。

 f:id:asatoyo:20161028094626p:image

 

それはまだいいほうで、

 

 

あのお金班のあいつわかってくれないよなぁ。

 

衣装班むだに凝りすぎなんだよ。

 

舞台のゲームコーナーいる?笑

 

なんて各班に対して、

 

 

もやもやしたものが発生する。

f:id:asatoyo:20161028094407p:image

 

たしか、もともとは

 

 

たのしいイベントを

 

 

つくるはずだったのに。

 

 

当日には、各班がギスギスしてしまい。

 

f:id:asatoyo:20161028094348p:image 

打ち上げは各班で。

 

 

あー、こんなはずしゃなかったのに。

 

 

 

 

どーしたらよかったのかな?

 

f:id:asatoyo:20161028095000p:image