大企業を脱サラした24歳の篠山での挑戦

初めてのリーダーやなにかに挑戦したいって方に少しでも参考になる情報を。

日本経済の頭打ち

営業同行をはじめて思うことがある。

 
f:id:asatoyo:20170402073141j:image

 

ほとんどの市場が既存の大企業により

 

 

支配されている。

 

ビジネスは安かろう、悪かろうではなく、

 

安くて、良いものに変わっている。

 

既存の市場には大抵No.1、No.2がいる。

 
f:id:asatoyo:20170402073212j:image

市場が大きくなっていけば入り込むチャンス

 

はあるのだろう。

 

 

しかし、全ては日本の人口減少

 
f:id:asatoyo:20170402073559j:image

がさらなる競争を招く。

 

 
f:id:asatoyo:20170402073607j:image


企業は売上拡大を目指すが

 

売上拡大を日本の既存市場で

 

はかろうとすれば、

 

・競合のシェアを奪う

 

・参入していない業界、製品を開発する

 

シェアを奪えば、奪い返されるだろう。

 

参入していないということは既に

 

参入している企業があり、後発になる。

 

 

後発での開発、競争はさらに

 

競争を激化させていく。

 

営業は努力しても販売実績は伸びない。


f:id:asatoyo:20170402073713j:image

 

人口減少により売上が縮小する。

 

売上はあがらない。

 

利益をあげるために企業は、

 

コストを下げる。

 

しかし、仕入先はあるわけである。

 

仕入先は、下げなければ他社に

 

シェアをとられることを恐れ

 

値下げをする。

 

日本の原価は人が占める割合が高い。

 

人件費は下がるしかなくなる。

 

大企業が参入できる大きさの市場は

 

日本にはないのだろう。

 

だからこそ、企業は

 

・海外展開


f:id:asatoyo:20170402073924j:image

 

・新規事業


f:id:asatoyo:20170402073935j:image

 

M&A[企業買収]

 
f:id:asatoyo:20170402073947j:image

に手を広げてゆく。

 

 

売上高を成長させるには、

 

どんなことができるのか?

 

買いたいサービス、ものを作り、

 

買いたい人に提供する。

 

 

そんなシンプルなことが難しい。

 

 

自分の会社、入りたい会社はどうだろう?