読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダーのためのリーダー学

十数年後には、日本は課題が山積みとなる。その課題の先頭に立つリーダーとなるため実践や学問から学び、考える。

五月病になった。

社会人二年目。

 

やっと走り出した配属一年目。

 



f:id:asatoyo:20170517215230j:image

 

私は一年間他の社会人の同期とは違い

 

 

一年間もの研修に入りました。

 

9ヶ月の現場研修。

 
f:id:asatoyo:20170517215707j:image

 

 

3ヶ月の営業研修。

 
f:id:asatoyo:20170517215828j:image

同期とともに過ごした時間。

 

夜勤や肉体労働に励んだ時間。

 

やっと始まったはずだった配属二年目。

 

だけど、思ったより社会人の二年目は、

 

うまくはいかないものだ。


f:id:asatoyo:20170517215858j:image

 

一年目もこの5月はしんどかった。

 

4月は頑張れた。

 

GWがあるから。友達と会えるから。

 
f:id:asatoyo:20170517220123j:image

 

しかし、夏まではとても遠く感じる。

 

 

自分が思い描いていた目標とは、

 

大きく違う自分に気付く。

 


f:id:asatoyo:20170517220151j:image

 

今までとは違う遙か年の離れた先輩。

 

経験も違えば、価値観も違う。

 

今までの同期との競争から

 

遙か遠くにいる先輩に

 

自分の力の無さを感じ、

 

自分が努力し、

 

自分の成長を認めるしかない。


f:id:asatoyo:20170517220216j:image

 

だけど、自分の出来なさに落ち込むことが

 

認める自分を越えたみたいです。

 

自分で励ますけどもう追いつかない。

 

体は疲れ果て、熱がでました。


f:id:asatoyo:20170517220315j:image

 

そのときに感じました。

 

頑張りすぎていたことに。

 

今までの頑張り方ではない

 

切磋琢磨や、励まし合うではない。


f:id:asatoyo:20170517220419j:image

 

全く違う経験を積んだ人々と

 

仕事をするというやり方を。

 

それゃあ怒られるし、


f:id:asatoyo:20170517220903j:image

 

出来ないし、

 

足りない、

 

時間が違いすぎるから。。


f:id:asatoyo:20170517220540j:image

 

それを認めるしかない。

 

だけど、諦めるのではなく、

 

あんまり会社に関係ない人と

 

笑いあえたらいいのかも。


f:id:asatoyo:20170517220852j:image

 

冗談言って、笑いあう、

 

そんな場がいるのかも。

 

 

頑張り過ぎもほどほどに。


f:id:asatoyo:20170517220957j:image