若者のためのリーダー学

初めてのリーダーやなにかに挑戦したいって方に少しでも参考になる情報を。

23歳起業家との出会い。

 

正直に話すとわからなくなった最近の自分。

 

f:id:asatoyo:20170607205800p:plain

未だにモラトリアムである。W

 

どういうことがあったのか、皆さんの参考になればと思います。

 

自分の中で人生を考えた21歳の自分。

 

やりたいことが明確ではなかった

 

自分自身がその頃いた。

 

とにかく、パートナーや家族とともに

 

過ごす時間や、

 

好きな友人と共に過ごす時間を

 

大切にしたいと思ったのだ。

 

f:id:asatoyo:20170529233301p:plain

しかし、今考えると

 

 

あったのではないかと思います。

 

ずっと胸をはって好きだと

 

言っていたのは、『経営学』。

 

将来的にできた社会人経験と

 

 

経営学を伝えられる教育をしたかった。

 

この二つの軸の中で、就活を考えた。

 

安定した職業、会社で働きながら、

 

 

土日で自分がやりたい活動をすることを

 

目標にしていた。

 

しかし、会社に入ってみると

 

配属される部署によって違うのである。

 

今考えることは、人生の時間を

 

何に対して投資をするのか?である。

 

平日は残業をしながら、

 

ユーザーに合わせて

 

土日も出勤して売り上げに貢献する。

 

f:id:asatoyo:20170520231241j:plain

疲れ切った大人たちと引退後を考える上司。

 

f:id:asatoyo:20170520231036j:plain

起業家との出会い

 

私と同い年で、

 

塾を立ち上げている社長と

 

その仲間に出会った。

 

そこには、将来を自分たちで

 

切り開こうとする若者がいた。

 

その人たちにまだ実績はない。

 

しかし、確実に日々努力し、

 

 

新たな教育を実施し、

 

成果を上げている。

 

f:id:asatoyo:20170423091749j:plain

 

その教育に対する姿勢と

 

自分たちで求めた塾像を

 

自分たちの努力で展開していた。

 

f:id:asatoyo:20170305102343j:plain

夢を見ているようだった。

 

本当に自分がやりたいことはなにか?

 

実際のデータでもやりたことが

 

見つかっていない人は多い。

 

学生を対象に全国の10代~20代の男女500人に「将来の夢と就こうと思う職業」についての調査を実施しました。

 

f:id:asatoyo:20170624130041p:plain

 

prtimes.jp

 

 

しかし、最近同世代の友達と

 

企画を立ち上げていて、

 

やりたいことがない人は

 

いないと感じることがある。

 

 

f:id:asatoyo:20170402013012j:plain

おそらく、やりたいことで

 

生活ができないと思っているからだと思う。

 

 

結局はやりたいことや

 

好きなことは求められていない

 

と思うからだと思う。

 

どうすれば、食べていけるか

 

本気で考えないとこのまま

 

老いていくのだろう。

 

 

 みなさんはやりたいことがありますか?