読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダーのためのリーダー学

十数年後には、日本は課題が山積みとなる。その課題の先頭に立つリーダーとなるため実践や学問から学び、考える。

見えない壁はどこにあるのか?

 

最近は、自分のコミュニティから抜け出し

 

 

動き出すことで気づくことがある。

走る人のイラスト(棒人間)

 

それは、各自の世代間の壁である。

 

 

やはり、同じ年代、価値観を持つ人といることを人は好む。

 

しかし、そーいったコミュニティから抜け出すことで

 

走る人のイラスト(棒人間)

f:id:asatoyo:20170420222655p:plain

 

得られることがあることを私は抜け出すことで知ることができた。

 

 

 

 

f:id:asatoyo:20170420221102p:plain

 

多くの人々はこのコンフォートゾーンにいることを好む。

 

 

このコンフォートゾーンとは、安心していられる場所である。

 

 

しかし、コンフォートゾーンにいることで成長は止まってしまうそうだ。

 

 

それは感覚的にわかることだろう。

 

 

しかし、多くの人は挑戦することを拒んでしまう。

f:id:asatoyo:20161203022528p:plain

 

 

なぜなのかを考えた時に、自分自身が作り出した壁が出来上がる。

壁にぶつかった人のイラスト

 

お金がない、時間がない、コネがない。

 

じゃあまず何かに参加することから始めるしかない。

 

しかし、知らないコミュニティに入るのが怖い。

f:id:asatoyo:20170420222930p:plain

 

動けない人がいるのなら、

 

動ける人が出会える場(=ラーニングゾーン)とつながる機会を創り出すことが

 

大事なのだろうと思います。

 

 

壁を知るためには、ぶつかるしかないと思う今日この頃です。

 

壁に追突した車のイラスト(事故)