大企業を脱サラした24歳の丹波篠山での挑戦

丹波篠山を舞台にやりたいことを形にしていきます。何もない若者がどこまでやれるか頑張ります!

今夏の教育キャリアツーリズムって何だ!?

過去の生き方に縛られたくない

 

今回企画する教育キャリアツーリズムという企画について

 

そのルーツをお伝えしたい。

 

それは、ただ周りに流されていた米田の原体験がある。

 

右にいるのが米田である。

 

f:id:asatoyo:20180626103816j:plain

 

 

米田の大学時代に教育ボランティアと実家の家業であるそろばん教室を

 

手伝うという教育のことに向き合う生活だった。

 

しかし、就活時期に入ると突然『現実』という名の

 

圧力を感じ始めていた。

 

就活されている方は感じているのではないでしょうか。

 

こんなに空は広いのに

 

とてつもない息苦しさを感じていました。

 

みんな同じように就職活動をする現状に疑問を持っていても

 

行動に移すことはできませんでした。

 

f:id:asatoyo:20180520141303j:plain

 

 

私は、『現実』という名の言い訳から、

 

子どもが減少する教育業界を目指すことを辞め、

 

安定という言葉の聞こえるメーカーに就職を決めました。

 

 

しかし、私は部品に興味が持てませんでした。

 

上司からは、『みんなそんなもんだよ』と言われました。

 

ですが、私はその部品を扱う日々から抜け出したくなるようになりました。

 

東京に異動になりました。

 

満員電車に乗り、歯車の一つになりました。

 

『人生は一度きりしかない』

 

人生を後悔なく過ごしたいと強く願うようになりました。

 

 

そして、今の篠山チルドレンズミュージアムに出会い

 

夏の経験を元に現在の起業に至っています。

 

 

子どもと向き合う最高の夏!

 

 

そんな人生を変えてしまうような経験を就職活動を控える学生に伝えたい。

 

 

『スーツを着て、満員電車に乗り、居酒屋で愚痴を言う。』

 

そんな経験は、都会のインターンシップで経験してください。

 

僕らは、子どもたちと向き合って、

 

教育について語りあい、篠山チルドレンズミュージアム

 

経験を積んでいく、その経験を元にワークショップを企画する。

 

 

f:id:asatoyo:20180520143400j:plain

f:id:asatoyo:20180626111109j:plain



夏休みは、スーツを脱ぎ捨てて、

 

思いっきり子どもと人と向き合い、語り合う夏を

 

一緒に過ごしましょう。

 

2週間は長いと感じるかもしれません。

 

ですが、1週間だと体験して終わってしまう。

 

さらに他ではできない

 

自分たちの考えた企画を実践してもらいたいのです。

 

2週間で目指したいところは、

 

『イメージの向こう側』です。

 

感じて、プレゼンして終わらずに、自分たちで実行する。

 

一緒にイメージの向こう側に行きましょう^^

 

みなさんのご参加お待ちしております!!

 

参加される方はHPより参加をお願いいたします。

 

http://zeroziba.wixsite.com/mysite

 



株式会社ZEROZIBA

米田 麻人